fc2ブログ

管理不十分

今朝、ベランダに出たところ、実生ぶどうの数が減っているのに気付きました。
(実生ぶどう)
実生ぶどう
シワシワになったぶどうもあるため、自然に落下したり、鳥たちが食べたりすることで減っているのかもしれないし、すべて無くなる前に試食すべきだと思い、慎重に1個食べてみました。

素直に甘くてうまいと感じました。
元種は、巨峰だったと思いますが、巨峰らしい味はまったくなく、だからといってほかに強調するような特徴的な味もなく、単に甘いぶどうでした。
さっそく、妻にこの甘いぶどうを勧めました。
すると、「洗濯物干すとき、甘いからいつも食べてる。」との返事。
ま、そういうもんです。

さて、3連休最後の今日も採蜜、瓶詰め、そして草刈りに生け垣の剪定など行いました。
(元田んぼの草刈り)
草刈り
しばらく採蜜に夢中だったので、伸びに伸びています。
(果樹畑の生け垣剪定)
生け垣せんてい
こちらも、放置していたので、雑多になっています。

ラストチャンス

今日は、昨日に引き続き柿です。
実家の柿に限らず、果樹畑の柿、興津20号と恋姫がともに色付いている実がありました。
(興津20号)
興津20号

興津20号 実

(恋姫)
恋姫

恋姫の実
この2本、甘くておいしいが売りだったのですが、この付近の土壌や気候が合わないのか、育て方が難しく、いつも熟れ頃を迎える前に落ちたり、虫に食われて腐ったりするので、まともに食したことはありません。
加えて、たくさん実ることもないので、すぐに丸裸になってしまいます。
それで、青いのを承知で早めに食したこともありましたが、それはそれで甘さに欠けてしまいます。

そういうことで、2本あった恋姫のうち1本は、すでに切り倒しています。
今年が2本にとって、ラストチャンスかもしれません。

「興津」「恋姫」聞いてるか?

妻の柿

先月末の中華の食べ飲み放題がクセになり、昨夜も4人でハマってしまいました。
その上、2次会まで。
当然ながら、今日は身体も気分も重く、遅いスタートになりました。

それでも、妻と共に実家経由で採蜜に向かいました。

実家には、柿の木が1本あり、熟柿や薄く色づいているものがありました。
(柿の木)
柿の木
二日酔いもあって、逆光に気付かず、暗い写真になっています。

その後、採蜜を行ったものの、非常に疲れたため、早々に帰還し、先週から濾していたハチミツの瓶詰め作業を独りで行いました。
(瓶詰めしたハチミツ)
瓶詰めしたハチミツ
いつもの画です。
その間、妻は山に独りで行って竹を切り、その竹で熟れた柿を収穫していました。
さっそく、夕飯の後に出ました。
(柿)
柿
油断していると、趣味の果樹を妻に奪われそうです。

見たことのない虫

午前、妻と共に巣箱の採蜜をしました。
オオスズメバチには遭遇しませんでしたが、いなければいないで、妻は物足りなそうな感じです。
(採蜜した後の重箱を蜂に与えているところ)
採蜜した重箱を与える

午後、私は草刈りに、妻は昨日採取し濾したハチミツを瓶詰めしました。
(瓶詰めされたハチミツ)
瓶詰めされたハチミツ
草刈りの画は省略です。

草刈りを終えて、軽トラに帽子を投げ入れたところ、今までに見たことなのない小さなオレンジ色の虫が止まりました。
(帽子など)
帽子
色も変わっていますが、羽根の長さも異常です。
逃げる前に、正面から接写してみました。
(オレンジ色の虫)
アカハネガウンカ
その場でレンズを使って調べてみたところ、アカハネガウンカというカメムシの仲間だそうです。
マンガのような顔です。
笑ってしまう顔のおかげで、草刈りの疲れがぶっ飛んだようでした。

なんとなく、秋を感じるようになりました。

例年のことですが、妻は真夏の暑い時期には、田畑や巣箱にほとんど寄りつかないものの、収穫の秋になると、やたらアウトドアに参加したがります。
特に先週は、オオスズメバチと戦を交えたことで、気分を良くしたのか、今朝から「あの巣箱に来てるかもしれんよ。確認しに行こう。」などとルンルンで誘ってくれました。
ちなみに、妻は私の所持している巣箱の6割くらいしかその存在を知りません。
ということで、さっそく先週の巣箱巡りを兼ねて、長らく確認していない巣箱を内検して回りました。
併せて、今日も1段採蜜しました。

結論から言うと、先週のエースにはオオスズメバチが来ていませんでしたが、久々の巣箱巡回のうち、1箱がアオヤギ式巣箱の底の側面からオオスズメバチに侵入されて壊滅、もう1箱がオオスズメバチとスムシに占領されて消滅していました。
ここにきて、消滅群が増加しています。
何度も書きましたが、今年は捕獲数が多いので、それぞれの巣箱の手入れが雑になったため、消滅数も多くなったと思います。
(帰ってきた巣箱たち)
出戻り巣箱
嫁に出したたくさんの娘たちが、次々に帰ってきたかのようです。
いわゆる、出戻りですかね。

その後は、果実の収穫でした。
(イチジク収穫)
イチジク収穫
(栗収穫)
栗収穫
出戻りどころか、長く居座っているので、風格さえ感じる後ろ姿です。

鬼滅の刃

昨夜、妻に日本ミツバチの巣箱がオオスズメバチの攻撃を受けており、完全防護の体勢で救出しなくてはならないことを述べたところ、妻は興味を示し、今日は共に戦うこととなりました。
(防護装備)
防護装備
着ぶくれになりそうですが、オオスズメバチに刺されたことがないので、念には念を入れました。
(武器)
武器
ラケット以外は、100均です。

そして、現場へ。
(妻と巣箱)
妻と巣箱
戦った直後の様子です。
妻は、この上からさらに防護服を着用していましたが、必死で虫取り網を振り回し、オオスズメバチを捕えると、鬼の形相で網を踏みつけていました。
趣味は楽しむものですが、相手の息の根を止めるまでやめないという、強い殺意を感じました。

そして、合戦の結果です。
善戦したものの、1箱がオオスズメバチの手に渡ってしまいました。
生き残った巣箱の周りには、オオスズメバチを貼り付けたネズミ捕りシートを置き、巣門には臭いを消すための日本酒を塗っておきました。

その後、まったく別の場所に向かい、妻と共に1段採蜜しました。
(採蜜した1段)
採蜜した1段
二日続けての採蜜です。
ちなみに、うちの鬼は、採蜜には興味がないようで、穏やかになっていました。

エースの危機

太平洋に次から次へと台風が生まれては、湿った空気を運んでくる影響で、私の住んでいる地域では雨の降らない日はありません。
毎日降っています。
今日も早朝は雨、そして夕立。
ずっと蒸し暑い日々が続いています。
このため、草は伸び続け、例年以上の草刈りに汗しています。
もちろん、今日も草刈りをしました。

さて、9月に入ったので、今日から本格的な採蜜を行うことにしました。
まずは、今春捕獲した8段を重ねるエースです。
(今年のエース)
今年のエース
なんと、オオスズメバチが巣門に陣取っています。
日本ミツバチは、怯えているのか、一匹も出入りしていません。

写真を撮った後、テニスラケットで退治しましたが、新たな敵が来る前に素早く1段採蜜しました。

その直後、近くの巣箱を確認したところ、十数匹のオオスズメバチが乱舞していました。
防護服を着ているとはいえ、さすがの私も近づくこともできず、遠くから見守るしかありませんでした。
完全防備で立ち向かわなければ、助けることはできないと思います。
いずれにしても、この付近の巣箱は、消滅しそうな気配を感じます。

その後、元田んぼに向かい栗拾いをした後、気になっていたキウイ棚下の巣箱の内検を行いました。
(昨年からのエース)
昨年のエース
盛り上げ巣を含め8段を重ねているので、重量があるため、少し斜めに倒して確認しました。
すると、土台のアオヤギ式巣箱の表面にシロアリがうじゃうじゃ。
(シロアリ)
シロアリ
8段目を外し、7段に減らした巣箱を、気合を入れて持ち上げ、コンテナの上に置きました。
7段目はシロアリに侵されていないようでした。
しかし、アオヤギ式巣箱は木製なので、今後はシロアリ対策も考えなければいけません。
オオスズメバチも退治しないといけないし・・・
やることがいっぱいあるな~。
でも、やめられないし・・・

ハートのエースが出てこない、やめられない、止まらない。

早生栗収穫のために

暑い日が続きますが、それでも8月下旬になりました。
例年であれば、元田んぼの早生栗が熟れて落ちる時期です。
そういうことで、栗の木の回りの雑草を刈らなくてはいけません。

とは言うものの、昨夜の飲み会による二日酔いの影響で、今日は遅めのスタートになりました。
ちなみに、昨夜は中華の食べ飲み放題でした。
もちろん、手加減しませんでした。
どうでもいいことですが・・・

(栗の実)
栗の実
予想どおり、一部熟れ頃を迎えているようです。

続いて、本題の草刈り。
(栗の木)
栗の木
元田んぼ全体を刈ることができれば良いのでしょうが、暑さと二日酔いもあって、そのような体力はなかったので、予定どおり栗の木の周辺だけに限定しました。

そして、草刈りをしながら、落ちている栗を刈ってしまったこともしばしば・・・
(草を刈りながら集めた栗:一部草刈り機によるキズあり)
落ちていた栗
食べ過ぎの影響で足元が見えません。

中途半端

今日もいつもの草刈正雄です。
草刈りは、暑さによる疲労と同じ作業を続けることで飽きがくるため、巣箱巡回と柑橘の摘果を間に挟みました。

すべての巣箱は確認していませんが、台風6号による転倒と思われるのが1箱ありました。
7段を重ねたエース級でした。
今年一番のショックでした。
ショックの影響で写真は撮っていません。

天板を下に斜めに倒れていたため、外から巣を見ることができましたが、蜂の数は極端に少なくなっていました。
そして、重箱を起こした際には、中から雨水がザーッと出てきました。
早く巡回して気付いてやるべきでした。
今日も後悔です。

そのほか、自然消滅が1箱、さらにスムシによる消滅が1箱ありました。
(引き上げた巣箱たち)
引き上げた巣箱たち
非常に残念です。

続いて柑橘の摘果。
(雑柑)
雑柑
写真では分かりにくいと思いますが、実が大きくなるにつれ、摘果の甘さが目立つようになりました。
(雑柑の接写)
雑柑の接写
このままでは、木が弱ってしまいます。
手遅れかもしれませんが、必死で摘果しました。

趣味とはいえ、草刈りも巣箱巡回も摘果も中途半端です。
だからと言って、ゲームやバドミントンなど、どれも貫徹しません。
自分らしいと言えば自分らしいこの性格、今さらどうにもならんわな・・・

天秤

長かった今年の家族の集いが、今日の飛行機の離陸でようやく終わりました。

さっそく、果樹畑に向かいました。
台風6号の直接的な影響はなかったものの、草が伸び放題になっていました。
今日から、草刈りの日々が続きます。

そいと、熟れごろを迎えたイチジクにも影響がありました。
台風6号が通りすぎた後に、家族の集いを優先したがため、ずっと放置していたことと長雨の影響でほとんどの実が腐っていたのです。
(イチジクの木)
イチジクの木
(イチジクの実)
イチジクの実
虫の餌食にもなっています。

家族の集いの最中に一度でも果樹畑に行っていれば、実ったイチジクを収穫し、みんなでおいしく頂けたのに・・・と今頃になって後悔しています。
プロフィール

へーげん

Author:へーげん
自己満足の世界ですが、趣味はそういうもんです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク