FC2ブログ

日本ミツバチ人気

9月に入って山に置いている巣箱には、オオスズメバチが頻繁に訪れています。
このままでは、日本ミツバチが逃亡してしまうと思い、スズメバチが飛来しにくい住宅地に置くことを考えました。
もちろん、私の家には妻や近所のことを考えると置くことは出来ません。
また、私の実家は、すでに洋蜂がいるため、日本ミツバチの巣が乗っ取られる可能性があるので避けるべきです。

ということで、先週末、半ば住宅地である妻の実家の玄関脇に移動させました。
もちろん、妻たちの許可を頂きました。
(引っ越し先)
引っ越し先
本当は玄関正面に向けて設置したかったのですが、人に接触して刺されたりするかもしれないので、少し遠慮して、出入口を窓に沿う形で置きました。

ところが、今日、妻の実家に行ってみると、家族みんながペットを飼うように受け入れており、さらに「蜜蜂日記?」のようなものも書いていました。
また、近所の人たちからも育ててみたいという声掛けもあったそうです。
思った以上にビックリです。
こんなことなら、もっと早く、かつ、正面に設置すべきでした。

秋の入居者

草刈り三昧の連休ですが、今日は草刈りをやめて、妻と一緒に秋の採蜜を行いました。
(いつもの採蜜)
採蜜
とある場所の採蜜ですが、妻はもちろん何もしません。
見ているだけです。
ところが、私が採蜜していると、妻は少し離れた場所の空の待ち箱を見に行って、私に「少し蜂が出入りしているけど・・・。」
ん?
これは、もしかして、時期外れの西洋ミツバチ入居?
と思いながら、採蜜後、その巣箱を確認しました。

その結果がこれです。
(巣箱)
巣門
写真では蜂の姿は見えませんが、極少群の日本ミツバチが入居していました。
養蜂を始めて、一番遅い入居です。

たぶん、どこかの巣箱にいた群れがスズメバチに追われてここにたどり着いたのか、それとも人間の採蜜が嫌になって鞍替えしたのではないかと思います。
いずれにしても、このままでは冬を乗り越えるだけの蜜の貯蔵が間に合わないので、きっと年を越すことは難しいと考えます。
と言いつつ、春まで頑張ってほしいので、今回は特別に給餌してあげましょうかね。
大化けすることを期待して・・・

ヒガンバナ

元田んぼに隣接した土地の一部は、所有者不明のため、長年放置されています。
数年前からその土地に、3メートルくらいの背丈になる雑草が生えるようになりました。
春は目立ちませんが、お盆過ぎに急激に大きくなり、集団を形成しているため、あっという間に周りの景色を変えてしまいます。
たぶん、外来種だと思います。
その雑草が我が土地に侵入するため、いつも余分な草刈りをしなくてはなりません。
その雑草はこれです。
(雑草)
雑草
他人の土地ではありますが、このまま放置しておけば、もうすぐ花が咲き、秋には大量の種を落として、また我が土地を脅かすことでしょう。
ということで、今日は、この雑草を刈ることにしました。
(草刈り後)
草刈り後
写真奥に梅の木などが見えます。
大雑把に刈りましたが、他人の土地なので良しとしましょう。

今日一日では終わらず、雑草はまだまだ残っていますが、草刈りの途中にヒガンバナを発見しました。
(ヒガンバナ)
ヒガンバナ
外来種雑草の撲滅、私のヒガンです。

梨の狂い咲き

今日も飽きもせず、草刈りでした。

この間の台風で梨が落果したことを書きました。
残っているのは、たった2個です。
(梨)
梨
私の口に入るまで、落ちないでほしいものです。

ところで、梨の木を良く見ると、狂い咲きの花が咲いていました。
(梨の狂い咲き)
梨の狂い咲き
落果した梨の代わりのつもりで咲いた?
と思いたくなります。

夢中になりすぎて

昨日、台風10号による田畑の被害を確認しました。

栗の木が数か所で折れ、柿や梨などの実もたくさん落ちていました。
(落ちていた梨)
落ちていた梨
ただし、落果した栗は、すでに親父が拾い集めていました。
自然災害なので、仕方ありません。

さて、日本ミツバチの巣箱については異状がありませんでした。
しかし、西洋ミツバチの巣箱は出入りがほとんどありません。
(洋蜂の巣箱)
洋蜂の巣箱
よーく見ると、地面にたくさんの蜂が落ちています。
(巣箱下)
オオスズメバチによって殺された洋蜂
しばらくすると、オオスズメバチが飛んできました。
そうです。
西洋ミツバチは、オオスズメバチに負けること恐れず、戦っていたのです。
その結果、西洋ミツバチが激減していたのです。

このため、私は飛んでくるオオスズメバチと夢中になって戦い続けました。
そして、昨日のブログ作成をすっかり失念してしまいました。

台風10号来る

これまでに経験したことのない暴風雨という触れ込みの台風10号。
明日から明後日に最接近するそうなのですが、超大型なので、すでに果樹畑は暗雲が立ち込めています。
(今日の果樹畑)
暗雲
小雨が降る中、妻や親父とともに、果樹や小屋の補強を行いました。

にしても、果樹の落果は免れないような気がします。
(梨)
梨
台風10号、出来れば無かったことにしてもらいたい。
梨だけに!

少しだけ秋の気配

今日も昨日に引き続き、夕方のみ元田んぼの草刈りでした。
暑さは残っていますが、なんとなく秋の気配を感じます。
(ハグロトンボ)
ハグロトンボ
私的には、涼しい木陰を飛んでいるイメージのトンボです。
そして、
(栗)
栗
さらに、
(柿)
柿
色付いてきました。
もちろん、私ではありません。

クルミ

今日は、元田んぼで草刈りでした。
とはいうものの、まだまだ暑さが厳しいので、夕方に行って一部だけを刈ってきました。

さて、例年8月下旬頃から、クルミと早生栗が落ちています。
(クルミ)
クルミ
足元を見ると、今年も落ちていました。
クルミの実です。
(落下したクルミの実)
くるみ
落ちているはずの早生栗はというと、既に親父が拾っていました。
なので、今回は何の落ち(オチ)もありません。

実家でのジャム作り

ブルーベリー収穫のピークが終わりつつあるので、今日は、実家でジャム作りをすることにしました。
ジャム作りは、妻と母が行いました。
なので、私は手を貸していません。

普段と同じジャム作りですが、調理場所が違うので、少し撮影の感じも異なります。
(妻によるアク取りの図)
アク取り
(母による瓶詰めの図)
瓶詰め
私が手を貸していなので、写ったのは二人の手のみでした。

灼熱の日

(今日の空)
今日の空
灼熱です。

実家で昼ごはんを食べることになり、妻と行ってきました。
(実家の金魚)
金魚
ぬるま湯の中、三密になって泳いでいました。

暑すぎて、どこにも寄らずに帰るつもりでしたが、イチジクが気になる妻のために果樹畑に寄ってきました。
(イチジク1)
イチジク
(イチジク2)
いちじく
これを収穫するだけで、どっと汗が出ました。
収穫したイチジク以上の熱量を使いました。
プロフィール

へーげん

Author:へーげん
自己満足の世界ですが、趣味はそういうもんです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク